<< ごはん :: main :: 公園デビュー >>

カイカイ

やっと梅雨入りした北陸地方。
いきなり豪雨となりました昨日。
しかし先日まで、全く雨も降らず北陸らしくなく晴天が続き、
昨年同様空梅雨になるのかとかすかな期待があったり、
数年前のように7月の下旬ごろからお盆まで梅雨やったら
どないしょうかと思ったり・・・



目下のところ、我が家では雨が降ったらこはるの散歩は???
というのが問題でしたが、昨日朝、大雨の中散歩に行ったら
ガタガタ震えていたらしいこはるどん。
カッパもないし、これからどないしょうかなあ…まじ悩む。





さてさてお題のカイカイの主…もちろんくるみさんです。
この前のトリミングの後、カキカキしてたので気になって見たら、
脇の前の胸のところにぽちっとできてた。
とりあえず、塗り薬で治った。
この時、他にも二ヶ所ほど小さいかさぶたもあったがもう治ってたし
気にしてなかった。



そのまま、こはるの一件もありバタバタして気付いてやれなかったのか?
ほんとに急にひどくなったようにも思えるのだが・・・
気がつけばけっこうひどいことになってた。
掻いていたので気になって見たら数か所赤ポチ&かさぶた発見。
月曜日(17日)の事です。
前にもらってた薬を塗って買い物&リハビリにでかけたが、
帰ってきたらそれからなおひどくなっていた。
いない間にそうとう掻いたリカジカジしたようだった。
夕方の散歩の時は外から見ても真っ赤になっているのがわかるくらいだった。
明日治ってなかったら病院やなぁと思いながら、寝る前に再び塗り薬。
ちなみに他もチェックしてたら、なんかピンクにただれた…
肛門だった…
でも、その横に大きな大きなかさぶたが浮いてた。
気持ち悪いかと思って、くしで取ってやり薬を塗った。
余計気持ち悪くなったのかかゆいのか?
落ち着かない様子でうろうろして眠れなくなってしまったくるみさん。
不安なのか私かおっちゃんにくっついて少し寝てはうろちょろ。
お尻の所に塗った薬を拭き取ってやり、少しすると
ようやく私の足にもたれたまま寝始め、
しばらくすると、夏定番の寝床に行って朝までねていた(と思う)



朝からくるみを病院へ。。。
と思ってたら、気配を感じたこはるが寝ない。
おまけに私のそばから離れない。
車酔いするので、簡単に付き添いでは連れて行けないのよね~
まあ、何とか寝たので、病院へGO



やはり、膿皮症であった。。。
この時期多いとはいえ、北陸地方ずっと天気も良かったのに。
しかもくるみ、そんなに痒がったりしていなかったのに。
まあ、見てみるとあるわあるわ右半身かさぶたと赤ポチいっぱい。
特にひどかったのがここ↓



13061901
この二ヶ所とお尻の横
夜に発見したかさぶたと肛門挟んで反対側の方にも
かなり赤赤としたものがあったのだ。
夜はもしかしたらそっちが痒かったのかも。
お尻は病院帰りの車でカミカミしてあったので気付いたんやけど。



写真は病院から帰って薬呑んで、夕方赤みがひいてからのもの。
かさぶたの周りがもっと赤~くなってたのだ。
抗生物質と痒み止めを呑んだら比較的すぐに効いてきた。
掻かないし、よく寝ていた。
普段から薬を呑むことがほとんどない健康優良犬なので
薬の効き目がいいのかなあ



先生曰く、身体が固いので比較的曲がる方…掻いたり噛んだり出来る方
だけにたくさん出来ているのではないかと…
テープで傷口の皮膚を取り顕微検査してみたら菌だらけ~もう塗り薬では無理!
くるみはかゆいと意地になってカミカミしはるので、ひどくなってしまったようだ。
そういえば、夏場はよくカイカイできてたくるみ。
たいていは塗り薬で治るんやけど、
今回はこんなにひどくなるまで気付かなかったお母ちゃん大反省



スポンサーサイト

コメント

☆ まろんごぅさま

カイカイは見ててかわいそうです。
特にくるみは、気にしぃなので…
まろん君もまたできたら、
ひどくならないように気をつけてあげてね~

こはるは…ずっと寝てたと思うけど…


☆ コルクママさま

ロン毛の子は皮膚が弱いのか、デリケートなのかしら?
前からカットした毛が少し伸びてきたら歩くとこすれて
毛玉になって痒いから掻くねん。
すると、傷が出来る→そこにばい菌が…
って感じかなぁ?ようわからんけど…
痒いのはかわいそうでねえ。
くるみちゃん カイカイ 大変だったんですね~
膿皮症 この時期 けっこう聞きます~
去年 まろんも ポチっとできたんですよ
今まで なかったので ビックリしちゃいました
くるみちゃん お薬効いて 少し楽になったかな。。
痒いのは いやだよね~~
早く 治りますように!!

こはるちゃん お留守番できて エラいなぁ
膿皮症ですか。
こぐまになって、さわやかくるみになったのに、痒いのは可愛そうやね。
お大事に
コメントの投稿












トラックバック

この記事のトラックバックURL:

 |   |