<< くるみ11歳になりまちた :: main :: ディル…大ファンだったよ >>

大切なお友達…しゅう君…

本当に本当によく頑張ったね…しゅう君…



8月29日、大好きな大切なお友達のしゅう君が旅立ちました。



DMと闘って3年8ヶ月、いっぱいいっぱい頑張って、
いっぱいいっぱい私達に元気と勇気と愛をくれました。



本当に、ありがとう。。。



初めてしゅう君に会った日は覚えていません。
深北に時々散歩に来るのを見かけていました。
ロン毛もトライカラーもあまり見たことがなかったので
そばに行きたかったけど、いつも避けるようにしていたしゅうかあちゃん…
ガウガウしゅう君ゆえの事だったと後で知りました。
それからしばらくして何だったか忘れたけど深北でミニオフ会がありました。
参加したのか、通りすがりに参加したのかも忘れたけど、
そこにしゅう家がいました。
初めてしゅう君に触れあえたのはその時だったと思います。
そのあと、本当に何がどうなってこうなったかは忘れたけど、
深北で会い、時々いっしょに遊ぶようになり、家にも遊びに行くようになり、
ほとんどの週末はジェーン家と共に一緒に散歩して、
一緒に遊びに行ったりするようになりました。
まろんもしゅう家のとうちゃんかあちゃんが大好きで本当に可愛がってもらいました。
ワンと触れ合うまろんではなかったけど、
しゅう君とは喧嘩もせずお互いを認めあっている仲でした。
あっ、しゅう君はまろんが恐かったのだろうけど…
そのうちくるみ、りんりんも加わり賑やかになったね。
そして深北のコギ仲間たちも知らず知らず集まるようになり、
週末のお散歩は本当に賑やかで楽しかった。
まろんの最後の頃には年に数回ではあるけれど、みんなが集まってくれて
昔が戻ったようで楽しかったね。しゅう君も喜んでくれてたよね。
石川に行く時、最後の最後にお別れに行った。とっても淋しかった。
でもたまに大阪に帰ってもまろくる家を忘れずにいてくれて、いっつも甘えてくれた。
想い出がいっぱいありすぎて、全部はここに綴れないけど、
少しだけ、想い出をたどってみました。





我が家にある初めてのしゅう君の写真。



20020609
2002年6月多分深北かな?
オフ会は3月頃だったのですが、写真はないの…
まだ2歳の若造しゅう。かっこいいです~



20021119_2
2002年11月しゅう家にて
外で会うよりさらに甘えん坊のしゅう君でした。



20030204
2003年2月深北散歩
思いっきりの笑顔です~



20030313
2003年3月しゅう家にて
おこちゃまのくるみとバトルもしてくれました。



20030330
2003年3月淀川河川敷にて
このメンバーだと集合写真も撮れるようになったしゅう君
みんな嬉しそうやね~(りんりん以外は…)



20030429
2003年4月深北にて
まろん姉さんと目は合わせられないけど、
並んで写真撮れました。
この頃からかな?
ボールの交換が始まったのは。



20040103
2004年1月まろくる家にて
新年会の後急きょお泊まりしたしゅう家とジェーン家。
ソファーでくっついて寝てたジェーンとしゅう。



20040131
2004年1月マキノスキー場にて
初めてのたくさんの雪に大はしゃぎ~
かまくら、ちょっと恐いしゅう君でした。



20040213
2004年2月しゅう家にて
しゅうとうちゃんの取り合いっこ。
しゅう君恐いけど、この場は譲れないと頑張ったね。
しかしまろんも負けてません。



20040813
2004年8月黒滝にて
泳ぐのも大好きなしゅう君。
まろんとカッパ対決してました。



20051023
2005年まろくる家送別会にて
たくさんのコギにもだいぶ慣れました。
いい笑顔で送ってくれました。



20070503
2007年5月深北にて
ボール命のしゅう君健在。



20080323
2008年8月まだまだ疲れ知らずで走るしゅう君



20100320
2010年3月しゅう家にて
おっちゃんに甘えてご満悦のしゅう君。
まろんともども後ろ足がおかしい。
よく似たふたりはよく似た病気に。。。
しかし、診断はそれぞれ違い、戸惑っていた頃。



20100320_2
↑のしゅう家訪問後の深北散歩で
まろんのカートを見てどうしても乗りたいと熱望して
やっとこさ乗せてもらってご満悦。
しかし、この後、しゅう君もお揃いのカートのオーナーとなる。



20110430
2011年4月お揃いのカートに乗って。
ふたりとも車いすとカートの併用でお散歩していた頃。
なんかしゃべってるんかなあ?励ましあってるんか?



20110501_2
2011年5月しゅう家にて
私の膝枕でこの笑顔。癒してくれました。



20120503
2012年5月車いすで爆走してたマルガリータしゅう君。
弱ってたまろんを力づけてくれたね。



20120714
2012年7月まだまだ元気なしゅう君。
まろん最後の帰阪の時。



20120812
2012年8月弁天池にて
まろん亡き後初めての帰阪時。
まろんの遺影と記念撮影。
しゅう君に会えて泣きそうになったよ。



20121202
2012年12月弁天池公園
寒い中、会いたいという私の願いで出て来てくれたしゅう君。
ありがとう。



20130503_2
2013年5月深北にて
体調があまり良くなかったのに、みんなに会いに
深北に来てくれた。
お花が大好きなしゅう君。つつじを食べそうな勢いでした。



20130503_2_2
↑と同じ日、この日の画像が私の撮ったしゅう君の
最後のものとなった。
外に出てお友達と会うと元気になるんだよね。
でもこの後、また体調が悪くなってしまって・・・
ごめんね。



そしてこの後、お盆休みにしゅう君に会いに行くことができました。
辛そうな姿に写真は撮れませんでした。
意識がもうろうとしている中、私の事少しわかってくれたみたいで
嬉しかった。
まろんの時もこれがみんなに会ってもらえる最後かもと何度も思いました。
だから、しゅう君ともこれが最後になるかも…という気持ちと
もう一回でも二回でも会いたいという想い。
頑張ってほしいけどあまりにつらそうなしゅう君と、
しゅうが頑張ってるからと頑張りすぎているかあちゃんと。。。
もう、何も言えることはなかった。
ただ、頑張って!としか。。。





もう四十九日も過ぎ、今頃はたくさんの仲間と一緒にいるんだろうね。
もう、まろんと会ったかな?もうまろんは恐くないかな?
大好きなじいちゃんと遊んでいるのかな?
もう自分の4本の足で走っているよね。
苦しかった分、我慢した分、辛かった分、
いっぱいいっぱい走り回れ~!



しゅう君、今まで本当にありがとう





とうちゃん、かあちゃん、本当にお疲れ様でした。
私なんかが言うことではないけれど、
おふたりを見ていると本当に頭が下がる思いでした。
しゅう君の13年と6ヶ月、お二人の子供で本当に幸せだった事でしょう。
これからはりんりんと三人でゆっくりして下さいね。



スポンサーサイト

コメント

☆ まろんごぅさま

辛いことばかりで…
何から書き始めていいかもわからなくなっていました。

きっとみんな一緒に楽しく遊んでいると思います。
こちらでも仲間でしたから…
みんなで集まってこちらを見てるかもね。



☆ お地蔵さん♪さま

本当に…みんな精いっぱい頑張ってたよ。
い~っぱいいっぱい愛をくれました。
心からありがとうです
つらいことが続きますね・・・
しゅう君 泳いだり 走ったり大好きだったんですね
きっと 今は自由に たくさんのお友達と
楽しく遊んでるのかな。。。
安らかに。。。
まろんたんやディルたんもそうだけど、本当にみんな命いっぱい生きてるんだなって・・・もう言葉になりません(;_;)病気になっても毎日を懸命に生きて、ただそれだけの事がとても幸せで・・・みんなみんなたくさんの愛をありがとね。
コメントの投稿












トラックバック

この記事のトラックバックURL:

 |   |