<< 副作用か? :: main :: マイブーム? >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治療11回目

抗がん剤プロトコールUWM(25wk)
 04月05日 第15週(第85日目)
         硫酸ビンクリスチン


この投与の前に。。。
この前のトリミングの頃から少し様子が変な気がして・・・
たとえば、玄関を降りない。降りたがらない(散歩に行くとき)
とにかく寝る寝る寝る。(しんどいのか?)
床を舐めたり上を向いて舌をぺろぺろしたり。

心臓もあるのでよくわからないが、何かおかしい。
ふと昨年末頃もよくぺろぺろしてたのを思い出し・・・
もしやと思い、身体チェック。
そしたらやっぱり喉のリンパ節が腫れていた。
再燃か???
翌日が投与の日だったので朝から病院へ。

先生はいつもまず聞かれる。「変わりないですか?元気ですか?」と。
答えが非常に難しい。
元気はないこともないし、食欲は半端なくあるからね。
すべてありのまま伝えた。

リンパ節はやっぱり腫れている。触ればあきらかだ。
一週間飛んでいるせいもあるかもしれない。
前回のサイクロフォスファマイドはあまりきつくないから。
今回の投与をして様子を見るしかない。
が、調子が悪ければ投与もちょっと・・・
と先生がおっしゃる。

とりあえず、血液検査。

170405-01.jpg
全く異常なし。ALPもどんどん下がってるし。

今回は副作用がきつく出る可能性のあるピンクリスチンである。
リンパ節が腫れているので作用すればかなりきつくなるかもしれない。
骨髄抑制や貧血など重篤な副作用の出ないことを祈りつつ、
やはり投与決行することにした。

相変わらず、病院では賢く優等生だったくるみさん。
元気にお帰りです。

170405-02.jpg
家に帰って広場でお散歩。いいお顔してます。

腫れを抑えるため、プレゾニゾロン(ステロイド剤)も一緒に投与された。
そのせいか、やたら元気な夜でした。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿












 |   | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。