<< こはる1歳になりました〜 :: main :: お散歩 >>

おおわる?

1月の連休くらいから、また徐々にご飯を食べなくなってきていたこはるどん。
しかし、いたずらもなくなり、おりこうさんにお留守番ができるようになってました。
ごはん、食べないので元気がなかっただけ…なのか???
手で食べさせたり、あれこれやって少しは食べてくれたけど、
くるみのフードの成犬用(くるみのはダイエット用)は全く食べてくれなかった。
それは、くるみに少しずつ食べてもらいましたけど・・・
またまた、徐々に食べるようになり、でも日によっては全く食べない日もあった。
その後、なんかしらんけど、ある日突然食べるようになった。
謎である。が、まあ食べてくれるならそれでいい。
やっと食べるようになって落ち着いた頃に避妊手術…
またこれで食べなくなったらどうしようかと悩みましたが、
そこは何とか無事にクリア。
その後はくるみとほぼ変わらない食欲とスピード。
そして何でも食べるという変貌ぶりでした。



が。。。しかし。。。
ここにきて、急激にかなり悪質な悪戯が始まりました
やはりご飯食べるとパワーUPしたのかなぁ…



最初は、こたつの上のものを…
物入れのカゴはぼろぼろ、雑誌はぼろぼろ、コースターはべこべこ…
その次はラグ類の裏側。
ホジホジして、四隅はほとんど穴だらけ…裏側だけやけど…
そのあとはキッチンマットの裏側ホジホジ表の糸ホジホジ。
キッチンマットといってもパソコンデスクの足元や、まろんが滑らないように
設置したキッチンの通路に敷いたもの。



Itazura03
直後の写真は撮らなかったのですけど、
数か所こんなになっております。



最初は一か所少しだけだったのでそのまま使用してました。
その後、ほかにいたずらの標的が変わり、
あきらめたかと思ったら、ほかを防御した途端に
こちらに戻ってきました。もうお釈迦になりました。



Itazura01
続いて、ここ。
窓を腰窓から掃き出し窓にリフォームしたので
と柱に枠に薄い合板を張ってある。



ここも最初、下のカーペットのところだけの
ひっかき傷だったのだが、翌日にまた少し広がったので
前に柵を立てたが、帰ってきたら柵は倒され、
ここまで広がっていた。恐るべしこはる。



最終的には↓のように座椅子で抑えて入れないようにした。



Itazura04
座椅子のボロさは見ないことにしてね



そして、この方が一役かってくれました。



14031802
これで、もうこはるの力では動きません
ようやった、くるみ



その後、なんでこうなったかわからないんですが…
次はここ↓



Itazura02
カーペットを敷いてあり、角でもなくめくれるのも
このくらいまで。



初日はここに敷いてあった防虫防湿のための
薄いシートを引っ張って破ってついでに畳も
傷が入っていた程度だったのだが…



けっこうきつく叱ったのでもうしないか?
シートは奥の方に折り曲げて届かないようにし、
椅子を置いて保護してたけど結局畳ほりほりしてました、畳を。。。
周囲には畳のい草が散乱しておりました。



こたつの上は何も置かず、パソコンデスクの周りと
マッサージチェアの周りは囲ってあった。
畳は居間の入口なので、くるみもいてるし、半分だけ椅子を
おいて保護してたのに…
できるだけ、悪戯できないようにされたところとしそうなところは
保護して、努力してたのですけど。





これは、もうだめか…
できるだけ、ハウスに入れずに自由にしてやりたいのだけど、
壊すだけならいいけどこのまま変なもの食べたりしても…
なんせい草のう○ちしましたから。
しばらくは、危ないとこだけをふさいで



で、こうなりました。



14031801
仔犬でもないし、小さなケージに入れとくのも
かわいそうなので8面で囲いました。
飛び出すかも…という不安はあるけれど、
8面のカチャ音はちょっと怖いみたいなので、
大丈夫かなあ…そう願って…



しかし、
ソフトケージのバックルは一個破壊されました。
ほかのを守るため、私がソフトケージの横面も
あけてしまったせいで、こうなりました↓



Itazura07
カバーを横に折り込んでただけだったので…
前から気になってたけどここを閉じていれば
大丈夫かと思っていたから私の失敗



前のソフトケージはまろんの車用のものでした。
結構気に入って寝ていたのだが
ファスナーやらバックルがいっぱいついてて危険。
ホームセンターで売ってる比較的安価(破壊OK)の
ア○リスオー○マの折り畳みソフトケージに変えた。



Dsc_0527
そこが薄いので毛布敷いてるだけでは嫌なよう
なので懲りずにウレタンマットレスを敷いた。
カバーは完全に縫い付けた。
今日は何とか入って寝てくれたので大丈夫かなあ・・・



いろんなことを一つずつ手探りでやっていくしかないですね。
危険なことがないように保護して、いずれまた自由に
してあげられるようになりますように。。。









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿












トラックバック

この記事のトラックバックURL:

 |   |