<< まろんさんの足 その4 :: main :: まろんさんの足 その2 >>

まろんさんの足 その3

やっぱり、気になったので翌週新しい方の
病院に行ってみた。
まだ若そうだけど話もよく聞いてくれて、熱心な先生だ。
先週のレントゲンの結果とかを話したので、
レントゲンは撮らなかった。
金沢の病院の時に(悪かったのは前足やったけど)
レントゲンで背骨が減ってるところがあったり
神経痛みたいなことやら、とにかく加齢によるもの
であろうと言われていたことなどを話した。
やはり原因を追究するのであれば、CT検査を
勧めるけれど、その前にとりあえずできることを
順番にやっていこうかということになった。
ヘルニアの疑いもあるし、
最近注射で改善できるものがあるのだという。
三日間連続して注射をするものだ。
ヘルニアの場合、それでとりあえず改善できるはず…
だが、まろんさんはあまり変わりなし。
触ると嫌がるのは痛みもあるかもしれないので
飲み薬も併用。
次は股関節の疑いもあるので
またしても一週間に一度の注射を今度は4回。
これもあんまり変化なし。
原因はやはりわからない。
CT撮りに行くかどうするかだいぶ迷ったが、
まろんさん、年末の血液検査からやはりGPTの数値が
あまり良くないし、麻酔のリスクを冒してまで検査するか
どうか、先生もあまり勧められないらしい。
サプリと痛み止め(非ステロイド系)でこのまま
うまく付き合っていく方向で考え始めた。



結局、その病院へ今は通っている。
外科的治療(CT検査や手術)をすることになっても
先生から紹介してもらい、またここの病院に
帰ってくるつもりだ。
やはり人間のお医者さんも同じだけど、精神面での
つながりが大事だと思う。
まろんのことを初めて診てもらったときからすごく
親身に相談にのってもらえたし、ちょっとしたことも
気軽に相談できる。いい先生です。



で、この病院では人間用の光線治療を行っている。
まろんさん、毎週一回、このために通っています~



10020601



光線をあてると血行が良くなって、おならされたり、
病院出たとたんぽろっとウンチしたり・・・



調子が良くなったり悪くなったりころころと変わっていた。
最初は暖めると調子がよくなったり、
背中をマッサージするとよくなったりしてた。
今も調子は日によって違うけど、普通に歩くのも
くねくねなるようになってきている。
調子のいい日はたったと歩いているが、
段々前足に体重をかけて小走りのようになってくる。
長距離は歩かせられない。
本犬は走ろうとするくらい元気なのだが・・・



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿












トラックバック

この記事のトラックバックURL:

 |   |