<< まろんさんの足 その8 :: main :: まろんさんの足 その6 >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まろんさんの足 その7

DMという病気について、私がごちゃごちゃ
説明しても何なので下記をご覧ください。



PWCCJ(ペンブローク ウェルシュ コーギー クラブ オブ ジャパン)



岩手大学動物病院



これを見て頂いた前提のもとに以下書き込みます。



まろんさんの足について、ヘルニアの症状とは何か
違うと違和感を感じていた私。
ただの老犬性?にしては早すぎるんじゃないか?
前にまろんさんのCT検査をしようかと思うと書いたのは
このいきさつがあったからだ。
いつもの獣医さんに相談してみた。
DMについてははっきり知らなかったようですが、
変性性という部分で脊髄の病気だということはご存知でした。
Y氏からこの病気の存在を聞いて、色々調べました。
この病気のコギたちのぶろぐも見たりして
やはりまろんさんの症状と酷似している。
私はほぼ確信に近いものを感じた。
治らない、治療法もない、進行性。
だけど向き合っていくしかないからね。
今までは、骨やヘルニアや関節の病気だと思い
足がふらふらなので運動も歩くのも控えてきた。
DMならそれはま逆なのだ。
ヘルニアや骨の異常による脊髄圧迫などでないかどうか
調べるためにCT検査決行です。



12日土曜日予約していた内灘のT動物病院へ。
ほとんどの石川の病院のCT検査の
紹介先は100%に近くこの病院であろうと思われる。
それだけ症例数も多く診ておられるはずだ。
けっこう若くてかっこいい先生。すご~く優しい。看護師さんも同様。
もっとおじさんで高ビ~な先生を予想していたのだが、
めっちゃ想定外
麻酔からずっといっしょに付き添い、CT検査もガラス張りで
まろんが見えるところで映像をを一緒に見ながら
説明を受けるのだ。



結果、思った通り、脊髄の神経圧迫の個所は無し。
鮮明に見るために脊髄に造影剤を入れて再度確認するも
全く異常なし。
股関節も診てもらったが、めちゃきれいですとのこと。
という結果から、DMであろうという診断が下った。
検査の前からT先生からはDMの名前が出ていた。
さすがに良くご存じでした。
私は思った通りだったので涙もなし。
逆にこれですっきりした。
歩かせていいのか?動いてはいけないのか?
試行錯誤していたのがスパッと答がでたわけです。
まろんさん、自力であといつまで歩けるかわからない。
歩ける間は頑張って歩こうね~。
痛みがないのが救いです。



検査も無事おわり、家に帰った。
麻酔から覚めて2時間過ぎてもまろんさん立てない。
両後ろ足とも立てない。
病院に電話して聞いてみたが麻酔しているので
一晩様子を見てくださいとのお答え。
寝ているとちょこっとべロが垂れたりもしている。
やはり麻酔の影響が強いようだ。
夜の10時頃、なんとか左足は立とうとし始め
ようやく支えると立てるようになり、おしっこができた。
しばらくするとマンマを出すと2~3歩くらいは
歩けるようになってきた。
このまま歩けなくなるのかと焦ったよ~
翌日には無事もとにもどりました。



翌日、いつもの病院へ行くともうT先生からの
報告も届いていた。
先生もショックを受けていると思っていたらしく
説明をしてくれたが、ガッテン承知の私なので
ちょっと面喰ってたかもです。
T先生から何種かのサプリとか連絡が来ていたようですが
すぐにあるわけでもないので、
先生自身ももう少しDMについても調べて
メーカーとかとも相談してよさげなものを用意してくれる
ということでいつもの電気治療をしていただきました。



まろんさん、小さい時からいろんな経験をさせて
頂きましたあなたには。
また最後にやっかいな病気でまたいろんな経験を
させてもらうことになるでしょう。
がんばろうね



まろんのことばっかでくるみさんは?
もちろん元気いっぱい寝てばかり
スプリングカットも伸びてきたので次は
サマーカットじゃ~!
昨日病院でカットの予約をしてきました。
ちょっと先ですが。。。
なぜって??くるみさん、2人がかりでないとダメなそうで
他の予約が入っていない日でないと・・・
お楽しみに~♪

スポンサーサイト

コメント

かあちゃん、ありがとう。
まろんも歩かなあかんねんけど、本犬は結構大変そうで、よその人が見たら虐待してると思われそうですわ。
しゅうの方は痛みはどうなん?
痛いんやったらつらいなあ…
頑張りや~しゅう

ほんまに何かしら似てますなぁ、しゅうとまろん。どんな状態になってもワンコラ言うしゅうとウーコラ言うてるまろんでいてほしいもんです。
まろんはDMでしたか・・・
しゅうの「変形性脊椎症」を調べている時その言葉が出てきて、どう違うのかと思ってそちらの病状も読みましたが・・・。
ホンマに痛みがないのが救い。痛む様子は見ていて辛いですもん。
他は元気なまろんさんやからね~車椅子に馴染んでまた元気に歩く姿が見たいです。

しゅうの脊椎症も、先日再検査しましたが進行していました。
まろんとしゅう、「そこまで似んでも・・・ 」ってな感じですな。
お互い心配は尽きないでしょうが、長生きして私らの手をいつまでも煩わせて欲しいもんです
コメントの投稿












トラックバック

この記事のトラックバックURL:

 |   | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。