<< 大雪~? :: main :: 3日のお散歩 >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末に私に起こったこと

昨年の最後のブログに書いた私の出来事。
一応、結果オーライなのでご報告しときます。



12月の初め頃、ガン検診に行くと書いたと思います。
夏に、市の集団検診で大腸がん検診と
肺のレントゲン検診をうけて、異常なし。
近所の内科で特定検診をうけた。
これはちょっと、コレステロール値が高くひっかかりまして、
現在薬を飲んで数値を下げております。
残るは婦人病…子宮がんと乳がんの検診。
これを市民病院でうけてきたんです。



まずは、子宮がん・・・
内診して超音波で診る。
その段階で大丈夫とのこと。
まあ、一応組織検査もして一週間後に
異常なしの通知あり



最後に乳がん・・・
これがくせものであった。
マンモ撮影を先にして、触診。
二年前にマンモした時より、かなり痛かった。
検査技師(女性だった)によってかなり差があるようだ。
触診の時に先生から、右胸に何か気にあるものがあると言われた。
先生曰く、「癌みたいに固くないけど、一度調べた方がいいかも」と・・・
とりあえず、マンモの結果と照らして結果は郵送でということ・・・



こりゃあ、絶対再検査ありだと思っていた。
10日ほどして結果が届いた(12/18)
やはり再検査・・・
予測していたので予め乳腺科のある病院を調べておいた。
金沢まで行かにゃあらんけど、
もしもの時を考えて、行きやすい病院を選んだ。
乳腺科の外来の診察があるのが月曜日だったので
12/20に再検査うけに行きました。
時間がかかるのは覚悟の上でまろくる車に乗せて
行きましたわな。



最初に問診と触診。
全体に普通に触診した後、
検診で市民病院の先生がチェックしていたところを
重点的にチェックされた…
けど、先生には気になるところはない様子。
そのまま、マンモと超音波検査にまわされる。
マンモの技師さん(ここも女性)もちょっと触らせてと
触ってもらったけど、わからないと言われた。
ここのマンモは今までで一番楽だった。
技師さん曰く、私はちょっと甘めですと言っていた。
マンモの結果を持って超音波検査に行くため待っていると、
しばらくしてもう一枚撮らせてほしいと言われた。
さすがにちょっとドキッとした。
やはり何かがあるねんや~
続いて、超音波(ここも女性の検査技師さん)
ちょっと若い目の先生が左胸から開始。
ささ~っとすんで、右胸・・・ちょっと時間かかってます。
続いて、奥にいたもう少しベテランさんが登場して、
もう一回右だけ念入りに調べている。
ちょっと不安になるが、2人の会話が・・・
若い方「ないんですけど・・・」
ベテラン「ちゃんと見た?左は大丈夫?」
若い方「左はないです。右は・・・」
ベテラン「ないよ」
どういうこと???
不安つのりつつ、乳腺科診察にもどる。



診察室に入ると、先生がもう一回超音波させてと・・・
マンモではやはり影があるのだが、
どんだけ見ても超音波にうつらない。
超音波にうつった形で大体の判断はつくようですが・・・
うつっていれば、注射で組織をとって検査できるが
場所確定ができないのでそれもできないのだ。



どうなんねん



先生が出した結論は、次回MRIで検査させてほしいと・・・
造影剤を入れて検査すると色でわかるらしい。
MRIの予約と先生の診察ができる日を確認すると、
1.MRI検査日(21日)と診察日(24日)を変える。
2.28日朝一番にMRI撮って午前中に診察(午後は手術らしい)
3.年明けに検査する。
のどれかになる。
ちょっと遠いので、1は却下。
2と3で迷ったけど、早く結果を知りたかった。
なので、朝一番はしんどいけど28日MRI検査となった。



内臓の検査ではないので朝ごはんも食べてよいらしい。
けど、一応念のため朝ご飯は食べず、コーヒーだけ。
以前に腎臓結石でMRI検査を経験済みのおっちゃんは、
内臓の動きを止める薬を入れて、帰りに車を運転するのも
ダメだと言われて検査を受けたので、乳がんの場合は
ちょっと違うようなんだけど、心配らしくついてきてくれた。

8時半にMRI検査を受けた後、10時に予約の診察。
MRIは胸のところに胸が入るように二つの穴が開いたところに
下向きに寝る。胸の周りはバンドで固定されていた。
顔は横を向いて手は万歳状態。
疲れてのたれ死んだ時のような格好で、リラックスできました
耳栓して、音もさほど気にはならなかった。
最初はそのまま撮って、途中で造影剤を点滴で注入しながら、
再び撮影。何事もなく終了。



10時過ぎに診察室に呼ばれた。
まな板の上の鯉…?だけどそんなに怖くはなかった。
結果は、良性の乳腺の変異とか言っていたような。
よう意味わからんけど、一応異常なしということ。
他の乳腺の病気でもないらしい。
ただ、ごく初期の場合わからなかったり、ごく小さい腫瘍などは
何かに隠れていることもあるので経過観察ということで
4ヶ月後にもう一回マンモと超音波の検査。
それで異常なければ、そのあと半年後にまた検査。
今後一生半年ごとに検査受けなあかんことになりそうです。
4月にやっぱりガンだったということがないように祈っといて下さい。



そんなこんなで20日に再検査を受けてから
28日にMRI結果が出るまでの約一週間。
落ち着かへんし、お腹の調子は悪なるし…
いえいえ、乳がんがショックだったわけではなく、
はっきりしないのが嫌だったんです。
落ち着いて掃除とかできる感じではなかった…年末やのに。



おかげで、色んな事考える時間ができました・・・かな?
私ごとですが長々とすんません。



みなさんも、ガン検診はうけましょう!

スポンサーサイト

コメント

maron-goさま

ほんとに、怖いよね。
私は、ちょうど危ない年齢なんで…
今まで周囲に乳がんになった人もいなくて
全然わかんなかったけど、
今回のことでちょっと勉強しました。
でも、やはり早期発見が一番。
怖がらずに検査うけるのがいいよね。
大変だったんですね・・
結果が先延ばしって 精神的に辛いですよね。。
私も去年の1月マンモ受けました。
異常はなかったですけど 1年に1度は
受けたほうがいいと言われました。
姉も受けたのですが まーママさんと同じ様に
再検査で悪性ではないけど はっきりしない
何かがあると言われて 経過観察です。。
子宮頸がんの検診も今年は受けようと
思ってます。。こわいけど。。
そういう事が 人事じゃなくなってきたなぁ。。
コメントの投稿












トラックバック

この記事のトラックバックURL:

 |   | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。