<< またまたまろんさんの経過 :: main :: サマーカット >>

まろんさんの経過

くるみのトリミングに合わせて、
まろんもお預けしておしっこと血液の検査をしてもらった。
そしてその間に私もトリミングにでかけました



まろんさん、まずはおしっこ。
今回も菌は見うけられませんでした。
でも少し潜血があったようです。
なので、一応一番一般的な抗生剤を常備薬として処方され、
調子が悪そうだと思ったら飲ませて下さいと言われた。
この薬は膀胱炎(年がいっておしっこ垂れ流し状態の犬とか)で
ずっと飲み続けている子もいるという。
おしっこは一安心かな~



続いて血液検査。
これは、やはり良くない結果。
肝臓の数値GOT・GPTは相変わらず高いが前とあまり変わらず。
ALP値がまた上がった。
一応超音波で診てくれたんですが、胆のうがパンパンに腫れている
らしいです。そこでウルソ(強肝剤で胆汁の流れを良くするもの)を処方された。
この薬で治ることはないが進行を遅らせることはできると…
最終的には胆のうを摘出するしかないらしいが、
今のところ薬を飲んで少し経過をみましょうという感じ。
肝臓に関しては詳しく検査するには麻酔して針生検するしかない。
だけど、針生検してもそのあとの治療はこれといってない。
だから麻酔とかのリスクを考えると先生も私も……
だけど、胆のうを取るなら麻酔やし…
この先、どうなる?まろんさん。
散歩で歩く時しんどそうなのを先生に話すと、
やはりしんどいのではないかなあと言われた。
けど、まんまの時は突進して走ってくる時もあると言うと
笑ってはりましたけど…どないやねん?
DMで歩かないといけない。前足の進行を遅らせないと…
と思うが、肝臓悪くてしんどいのに無理もできない。
やはり、最近はしんどそうなので歩く時間はすごく少なくなっていた。
もちろんボール遊びもほとんどしない。
それも仕方ないと思う。というかそれでいいかと思っている。
これからは、まろんの場合、DM対策よりもそっちの方が
優先となるであろう。
そうやって、経過を見守っていきます。
今のまろんの元気のバロメーターは、食欲とガルル~だけです。
前みたいにあれはだめこれはだめと言わないで
食べれるものは食べて元気でいてほしいと思います。
自分で動きたい時は家でも外でも率先して動いています。
だから動けない時は、動かせ~と呼びつけるので
自分で動きなさい、動けるでしょって言ってたけど、
今後はそれもあまりしないようにしようかと思います。



11052604
いつまでも元気でいようね、頑張れまろん

スポンサーサイト

コメント

kyontaさま

雨上がりエプロン役に立って良かったです。
Tシャツとかカッパとか今までのものが
着れなくなって…
膀胱炎、本当にこわいから要注意です。
今はkyontaさんが家にいるのも
わかってるからわがまま病もでているのでは?
こんにちは
まろんちゃん 膀胱炎の経過は順調で良かったですね。

クッキーも 車椅子がようやく出来て 案じてたより抵抗なくお散歩できるようになりました。
まーママさんが 雨あがりエプロンあると便利 って教えてくださったから^^車椅子より速く用意準備(爆)
でも ほんと 車いすのお腹部分が汚れなくて済んで助かってます

でも クッキー 雨だと家中トイレマットでしてくれる習慣だったのに・・・外出たくて 頑固に我慢する傾向が昨夜も~
膀胱炎になったら~
あ~嬉しいやら困ったやらでし
maron-goさま

いつも心配してもらってありがとうm(_ _)m
これからどうなるか不安と心配と…
いろいろだけど、
今のところまろんさんが元気なので
やっぱり前向きに頑張らないとですね
おしっこの方は 落ち着いたみたいで
よかったけど 胆のうがパンパン?
お薬で少しでも楽になるといいですね・・
まろんさん DMも心配だけど
ムリして運動できないし。。ジレンマですよね
食欲とがるる~がたくさん たくさん
でますようにっっ
コメントの投稿












トラックバック

この記事のトラックバックURL:

 |   |